古生物展-生命の史詩-進化とのコラボ
首頁 >活動明細

古生物展-生命の史詩-進化とのコラボ

スケジュール

全2回 場所
火曜日~日曜日 午前9:30~午後5:00
日曆圖案 2022/07/12 09:30 ~ 2026/12/31 17:00
googleMap連結 古生物館 

内容紹介

地球はこれまでに少なくとも5回の生物絶滅を経験しており、いずれも急激な環境変化により、短期間に多くの種が消滅している。しかし...

説明

地球はこれまでに少なくとも5回の生物絶滅を経験しており、いずれも急激な環境変化により、短期間に多くの種が消滅している。しかし、生き残った少数の生物は、その生命力の強さを発揮し、長い時間をかけて進化を遂げ、現在のような多様な生命が誕生したのです。国立台湾古生物博物館常設展「古生物展-生命の史詩-進化とのコラボ」は、皆さまと一緒に豊かな化石を通して、この数10億年の生命の進化を探求して行きたいです。

 

栄えた古海洋

一見広大で不変に見える海下の世界も、時代とともに多くの変化を遂げてきました。最初の生物が海を離れるまで、海の中の生物は30億年以上も進化を続けてきたのです。その中には、三葉虫、アンモナイト、オウムガイ、ウミユリ、魚などが含まれており、この古生代の海がどのように繁栄したかを示す化石を豊富に展示しています。

 

中生代の覇者

ペルム紀の大量絶滅を経て、恐竜は生態系の中で重要な位置を占め、三畳紀の大量絶滅後に恐竜は中生代の陸地で最も支配的な動物になりました。例えば展示のフアンヘティタン、タルボサウルス、ヴェロキラプトルなど。また翼竜は鳥類の出現以前に空を飛ぶ最初の脊椎動物でした。その他、魚竜、首長竜、モササウルスなど、水中で生活に復帰した爬虫類グループもいました。この爬虫類は、異なる環境下で多様な形態で進化し、中生代の陸・海・空の領域を支配する覇者になりました。

 

恐竜と鳥

恐竜は三畳紀の中期に出現し、ジュラ紀の中期に1種類が分岐し、6600万年前の白亜紀末の第5次絶滅を乗り越えて、現在の空を飛ぶ鳥類になったのです。飛行、羽毛、卵の孵化など、これまで鳥類にしかないと思われていた特徴や行動が、多くの恐竜に見られることが分かってきました。

 

台湾の化石

古生代と中生代を経て、新生代の時、台湾海峡は陸地として露出し、台湾とユーラシア大陸の架け橋となり、多くの陸生動物が移動できるようになったのです。台湾本島と澎湖の間にある澎湖水路、台南市の新化丘陵と左鎮地区、菜寮渓と燕水渓の河床には、それぞれ澎湖動物群及び左鎮動物群と呼ばれる多数の更新世陸生脊椎動物の化石が保存されています。

 

台湾の多様な生物

今日の台湾は生物の多様性に富んだ島になっています。

台湾の動物の多様性を示す光壁及び2階のプラットフォームの上に吊るされた鯨類の骨格標本を通して、台湾の代表的な哺乳類と鳥類を紹介し、観客にこれらの動物の多様性を理解するようにご案内します。

 

本日の地球

これまで、地球の生態は人間活動によって発生した大量の温室ガスと汚染に影響変化され、多くの種が絶滅の危機に瀕している。台湾では、人為的な開発や消費者行動の影響で生存の課題に直面している生き物もたくさんいる。この展覧会の最後に、人間が生態環境に与える影響や、人間と自然との関係について考えてみたいと思います。