鉄道部パーク歴史および古蹟修復の常設展
首頁 >活動明細

鉄道部パーク歴史および古蹟修復の常設展

スケジュール

全2回
2020/04/28 09:30 ~ 2025/12/31 17:00
日曆圖案 2020/04/28 09:30 ~ 2025/12/31 17:00

内容紹介

鉄道部パークは、清朝時代における台北機械局所在地であり、同時に台湾初の近代化工業パークでもあります。それでは、模型や映像、インタラクティブデバイスを使用した展示で、その変遷を振り返りましょう。...

説明

古蹟展示エリア

鉄道部の歴史・沿革、建物の特徴、保存修理プロセスを展示するエリアです。

 

パークの歴史展示エリア

鉄道部パークは、清朝時代における台北機械局所在地であり、同時に台湾初の近代化工業パークでもあります。それでは、模型や映像、インタラクティブデバイスを使用した展示で、その変遷を振り返りましょう。

 

立体石膏レリーフ展示エリア

ここにはパーク内における、最も精緻で華麗な立体天井レリーフがあります。それでは、修復チームはいかに天井修復に成功し、当時の姿を取り戻したのでしょう。これは必見のエリアです。

 

金庫展示エリア

鉄道部修復の過程で残された資料、文物は、全てここに保管されています。

 

古蹟修復展示工房

修復現場の片隅には、どのような素敵な物語が隠されているのでしょうか?この老建築の過去の風貌を、いかに再現したのでしょうか?修復の現場で、鉄道部古蹟修復の現状をご覧ください。

 

デジタルガイド

鉄道部各建物の歴史的経緯を知るための入り口です。

 

謎解きしながら建物鑑賞のヒントコーナー

古蹟修復の第一歩は、解体調査です。

現場に残された全てが、修復の手がかりとなります。そこから私たちは、建物に使われていた材料、工法、過去に起こった事例、さらには当時の社会状況まで知ることができるのです。建物に残された痕跡からは、どのようなメッセージを受け取ることができるのでしょうか?